• オフィスレイアウトの費用を考えよう

    オフィスレイアウトは場合によっては必要になります。例えば、今までの仕事であれば、大した仕事ではないのに残業してしまうことが多い会社は、オフィスレイアウトがよくない可能性があります。


    この場合には費用をかけて、しっかりと業者にレイアウトしてもらうことが重要です。



    レイアウトをするときの費用は場合によっては20万円から50万円ぐらいかかりますが、最終的に効率的な仕事ができるようになれば、その費用も安いと感じるようになるのではないでしょうか。

    もちろん、そのためには信頼できるオフィスのレイアウト業者にお願いをするのがよいでしょう。

    ではオフィスレイアウトにはどのような例があるでしょうか。基本的には座席の位置関係を変えることになります。

    一般的なオフィスというのは、対面式レイアウトというものを利用しています。

    対面式レイアウトというのは机同士が向き合っているタイプです。
    例えば、事務職であればこのようなレイアウトが一番ふさわしいと言えます。



    なぜなら、伝票を渡す場合などに、わざわざ立ち歩かなくていいからです。


    その時間を大幅に減らすことができますし、多くの場合事務所は狭いですので立ち歩くことによって仕事が混乱してしまう場合もあります。

    次に、テレホンオペレーターがいる職場については、スクール式のレイアウトが優れています。
    スクール式のレイアウトとは、正面に一人だけ上司がいて、ほかの多くの人はその上司に向かって仕事をするような感じです。